劇場版アイカツスターズ!感想

最高・尊い・可愛い

評価はSランクの映画です

 

www.youtube.com

 

アイカツ本編はだいたい観てて、スターズは未チェックでした。しかしツイッターで最高最高という声があり、また予告編も気になったので観に行きました。

ガールズアンドパンツァーと同じく、二次創作の百合風潮とかの事前知識は吹っ飛び、ただただ尊さと多幸感に脳を支配される結果となりました。

 

アイカツ! ねらわれた魔法のアイカツ!カード

予告編で「ちゃんと神谷しおんたんがいる…!」ってなりましたね…

アイカツ本編のキャラが勢揃いしたお祭りアニメです。もうメンバーが画面に出てくるだけで楽しくて楽しくてずっと笑顔になってました。みんなちゃんと個性が立ってて、名前も下に出てきます。

ぽわぽわプリリンがね…ほんとに良かったんだよ…この三人には三人で出てきて欲しかったから…おとめちゃん可愛いししおんたんとさくらたんは演技派…あの顔が見れただけでもう…

服部ユウちゃんはライブ出演はなかったですが途中に普通に出てきますので。

最後のライブ、あの人数はなかなか新鮮で迫力。

 

・劇場版アイカツスターズ!

本編。アイカツ特有の爽やかでやさしい雰囲気。グッと来るストーリー展開と友情。キャラの動作や画面構図、演出まで高いレベルでまとまった作品でした。

ライブのCGのキャラクター造形もすごくいいです。技術レベルの向上を感じます。

S4の面々が格上感があるのに親しみを感じるキャラクターなのも良かった。

そして本編の軸となる主人公メンバーの友情。特に虹野ゆめさんと桜庭ローラさんの関係性。喧嘩からの和解。お互いの存在をかけがえのないものと思っているからこその二人…最高。

アニメに興味が出てきましたね。七倉小春さんはCGライブ未登場なんですか…まあ神谷しおんたんもライブしましたし、そこは気長に待つポイントでしょう。アニメからの映画化早いなーと思いましたが、バッチリTVアニメ本編が観たくなりました。

 

 

コミック百合姫【2013/1】感想

コミック百合姫【2013/1】感想

f:id:Mfune:20160819232858j:plain

表紙/浜弓場双

今月号から表紙は「ハナヤマタ」の浜弓場双(はまゆみば そう)さんです。超かわいい。こちらも、一ページめくると差分になる仕組みになるのでお手にとってどうぞ

 

citrus/サブロウタ

百合姫の中では割りと有名になった作品かな。今号からスタートです。激甘表紙の直後に巻頭カラーで「あ…私も彼氏ほしー」って言い放つ主人公(金髪ギャル)。実は彼氏とかいた事ないウブ。しかし親の再婚で転校先は女子校。そこで出会った黒髪ストレートの堅物生徒会長が、校舎の裏で教師(男)にキスされてるところを目撃してしまう・・・しかも帰宅したら彼女は義理の妹になってた!?さらに驚愕の展開が…

絵柄や雰囲気はいい。割りと異色の作品。

単行本の帯のフレーズは「初心ギャル×黒髪ビッチ凹凸姉妹=×××

 

沼、暗闇、夜の森/さかもと麻乃

自分にしか見えない女の子の幽霊たちとすごす主人公。学校では(そりゃ幽霊と会話してるから)浮き気味。ほんにんは生きてる人間が苦手。でもあるとき気になる女の子に無視されてしまい…

読んでてグラグラするかんじ。不穏な良作。

 

丘上の約束/大北紘子

大北先生の激エモ関係性百合。少女が恋した、丘の上に住む女性は、高台からいろいろなものを見せてくれた。でも私は彼女のことをなにもしらない。今日はダメと言われてしまったある日…

 

この愛の不幸は/ふじはら

第八回百合姫コミック大賞 瑠璃賞受賞作品

絵がすごく綺麗。キャラの表情も雰囲気もすごくいい。話の内容も初めから最後まで展開と空気に緊張感とエモさがあっておう…って感じ。これは受賞作品ですわ…是非読んで。今号の中では一番

 

・私の世界を構成する塵のような何か/天野しゅにんた

井上さん生きててよかった…真麻…

留希にアドバイスするさっちゃんが素敵。そしてさっちゃんと明日菜って割りと珍しい組み合わせだね。そして「乙女ねー」からの…強い…かっこいい…最強…

語られるふえちゃんの想い。あああああああ……そうだよな…

今回は「友情」が映える話でした。そしてふえちゃんと明日菜の出会いもあるよ

 

・ウタカイ/森田季節

最終話!もっと読みたかった…

スーパー激エモ文学百合小説、完結。高校大会決勝戦での、伊勢が辿り着いた想い、そして戦い方。そして第一話以来の鏡霞先輩とのラストバトルだ!

これは百合姫史上最高傑作といっていい小説です。

 

 

 

百合男子はもうレビューしないからな

グラブルの軌跡の雫システムについて

グランブルーファンタジー。最高に面白いゲームです。大好き。

 

このゲームに新しく追加された「軌跡の雫」システムについての記事です。

このゲームは、五分で1回復するAPを主に使う、いわゆるスタミナ制のゲームで、APを50回復する「エリクシールハーフ」というアイテムもあります。

さて、「軌跡の雫」ですが、これはAPを100消費するたびに1加算されるポイントになります。一日あたりの合算で翌日加算され、端数は繰越されます。たとえばある日APを450消費すれば、翌日雫が4加算され、50は繰越されます。

この雫をショップで消費すれば様々なサービスを1雫あたり1時間得られる、という仕様です。アイテムドロップ率upや経験値upなど。

 

加えて、その月に得た雫ポイントの量の合計に応じて、その翌月にそのサービスの内容がパワーアップする「ステージ」という概念もあります。(「特典がグレードアップ!」「前月に到達していたステージに応じてプレゼント!」ともありますが、実装されたばかりなので詳細は不明です)

この「ステージ」は、雫ポイントを合計50集めると翌月「シルバー」、合計150集めると「ゴールド」、合計300集めると「プラチナ」となるようですね。

 

 

これ、とてもいいシステムだと思ったんですよ。「APを無駄にする」ことへの忌避感ってどのゲームでもあると思うんですが、ステージをクリアできなくても「APを消費する」ことそのものにモチベーションを持たせるという点が。受けられるサービス自体がそこまででなくても。

 

 

ただ、AP消費についてちょっと計算してみたんですね。

1ヶ月に使えるAPとして普通なのが、

・経時回復を全て使った場合(1AP/5分)

12(一時間で回復するAP)×24(時間)×30日=8640

・カジノで交換できるエリクシールハーフを全て使った場合

50(一本の回復量)×100(1ヶ月の交換本数上限)=5000

合計APは13640=136雫ポイント

∴これだけがんばってもゴールドステージにイケない

こんだけやってもですよ。かなりステージは回れますが…

 

他の(確実性のある)エリクシールハーフ入手法を考えると、

・集まりやすい風切り四つ葉を10個交換

50(一本の回復量)×20(1ヶ月の交換本数上限)=1000

・イフリート等の討伐戦

50(一本の回復量)×5(1ヶ月の交換本数上限)×6(イベント数)=1500

で合計2500AP=25雫ポイント

なので、合計161雫ポイントで無事ゴールドステージにいけますね。

 

・・・無課金でゴールドステージ以上に行くことがどれだけ大変かわかっていただけたでしょうか・・・これ、かなり確実にガチャ以外に課金する人/しない人を区別するシステムじゃないかな、とも思わなくもないです。

 

 

 

補足:風切り四つ葉について

風切り四つ葉は10個でエリクシールハーフと交換可能です。なので

1風切り四つ葉=0.1エリクシールハーフといえますね。

これはポートブリーズ群島で手にはいります。

たとえば、「崩落した橋」は、AP消費量が5(=0.1エリクシールハーフ)なので、2枚以上手に入れば黒字といえます。

「散らばった積み荷」は、AP消費量が15(=0.3エリクシールハーフ)なので、4枚以上手に入れば黒字といえます。

AP半額キャンペーンではさらに還元率は上がるでしょう。同様のことが「黄金小麦」などにも言えますね。

コミック百合姫【2012/11】感想

コミック百合姫【2012/11】感想

f:id:Mfune:20160606203456j:plain

表紙/なもり
あああああああああああ…
彼女たちの物語は終章を向かえる。
表紙めくるとそのまま続きで漫画になっており、感情が止まらなくなる。
なもり先生と百合姫の圧倒的本気を体感せよ・・・

 

少女惑星/柏原麻実
自分は女の子が好きだけど、誰も私を本気で好きになってくれはしない、
だって女の子同士だから…
そう思っていた王子様系を演じている主人公が、出会った理想の相手に本気で好きになってほしいと願う。
彼女の一番になりたい、そう思って守ってきたのに、男の子が苦手と言っていたのに、なんでラブレターをもらってそんなに喜んでるの…?
彼女を守るように、自分の願いを叶えるために。主人公が進んだ選択と、その結末。

 

・ふ〜ふ/源久也
新さんの様子を見に行く2人。そしてやっぱちょくちょくエロいなこの漫画。それもいいポイント。

 

・六花にかくれて/大北紘子
女性のみ社会/ディストピア/軍人/病気/クーデター百合。大北先生への信頼が高まる。

元軍人のテロリストにして第一級戦争犯罪人・笹島と、彼女を逮捕し監視している貝同。貝同にとって元上官にあたる笹島は、逃亡中に重病に罹っていた。病室で言葉を交わすかつてのエリート2人。回想されるクーデター前夜。あまりに非道な時代の中、貝同が笹島の手を取らなかった理由。笹島の首都へと移送が決定する中、そして貝同は決断する。

絵が、特に笹島美月がすごく綺麗。作品の雰囲気もディストピアものだけどしつこすぎず彼女たちの周囲だけに上手くすぽっとされてる。

 

・天使なカノジョ/森島明子
信頼と実績の森島明子先生ならいきなりレズセックス(妄想)から物語を始めるんだぜ…
夢や妄想で好きな月宮さんにあんなことをしてしまう、写真部の根暗で地味な倉子。
月宮さんとはただの友達で、天使のような彼女が私のことを好きになってくれるはずがない…
しかし幼馴染の菜々と慶(もちろんレズだ)によってイケメン女子に改造されてしまいアプローチ!?
しかも月宮さんを部屋に呼んで写真を撮ることになって!?果たして倉子の理性は持つのか。

 

・私の世界を構成する塵のような何か/天野しゅにんた
留希と祥はいい感じだけど、大学に流れる不穏な空気。そして…ネタバレ怖いから言えないけど…初めて読んだ時、マジで声が出なかった。こんなことなるんか…
彼女のバックグラウンドが描かれる。そして、救いは意外なところに…?

 

・百合男子/倉田嘘
神回、バトル回。熱い展開は必見。百合男子たちが、イベントを守るため戦う。そして熱く語り合う。
百合男子という題材をうまく扱ってるエピソードだと思う。漫画としても抜群にうまい。

 

・ウタカイ/森田季節
このエピソードはバトルが三回もあり、クオリティの高い短歌もいっぱいあってすごい。
九州大会優勝者、【無無闇】沼島無無を破った伊勢。この子の歌垣はなかなかメンタルに来る…
次の相手【冷炎歌人愛宕原豊火との戦いもそつなくこなす。それぞれの独自の世界観を伊勢の【紅龍の登り口】が倒していく短歌バトルシーンは必見。
しかし伊勢は恋の歌を好んで使うこともあってか対戦者とフラグを立てまくってしまう。先輩とちょっとギクシャクしつつも、準決勝に挑む伊勢。つかみどころのない強敵(かつ幼馴染)の【深山の女神】天川甘雪との戦いは予想を超えた展開へ…
イラストもすごく可愛い。しかし連載時のイラストは単行本には収録されないんだよなぁ…(悲しい)

 

ゆるゆり、ひまさく記入済み婚姻届(マジ)
本編で向日葵と櫻子が幼いころに書いた婚姻届(ほぼ実物)が付録でついてくるぞ!

 

犬神さんと猫山さん」「ゆるゆり」は今月も可愛かったよ

コミック百合姫【2012/9】感想

コミック百合姫【2012/9】感想
この号はなんと半額

f:id:Mfune:20160603190840j:plain

・表紙/なもり
黙撃「嘘、でしょ?」スーパー不穏大戦
これさ…いきなりこの表紙みせられて何の雑誌だよ…ってなるよな…
一ページめくるとどうなるかって?修羅場だよ。
1月号から続く表紙ストーリー、遂にクライマックスです。

 

ゆるゆりイベント特集記事
声優とキャラクターの混同を公式でここまでやるか…

 

ダブルバインド/大沢やよい
恋人同士だった私達。しかし彼女は後輩(男)から告白され、付き合うことになったと別れを告げてくる。
しかし彼女はそれからも、あまりに普通に度々私の家に訪れる。何故?思いを巡らせるうちに…
2人の距離感と、主人公の感情の動きが絶妙。長めの短編だけど話がしっかりしてる。

 

ゆるゆり/なもり
ちなつちゃんが可愛い。表情豊かでいいよね。

 

・ふ〜ふ/源久也
白雪さんの私服ヤバない…?下になんか着てるのかと思ったけど思いっきりおっぱいだった。
新さんを入れた三人で映画観た後、2人でデートをする嘉菜々と白雪。
白雪のために行動を改めようと思う嘉菜々と、自分の気持を押し付けてるんじゃないかと迷う白雪。
うーん、グッドな百合です。ページの使い方が上手いし絵も可愛い。

 

犬神さんと猫山さん/くずしろ
絵の傾向は他の百合系萌え四コマとはだいぶ違うけど、やっぱりキャラの動きの可愛さ、
やりとりのほどよい百合度がとても良い。

 

・私の世界を構成する塵のような何か/天野しゅにんた
あたしだってそうしたかったよ そんなの
明日菜…ついに…。明日菜の過去、パーソナリティ、そして芽流、れみあとの出会い。
芽流、れみあ、明日菜の三人が悪役的なポジションっぽいけど物語にメリハリを与えてるね。そして祥と留希の関係と対比される明日菜と笙子。

エモい。どうにもならない感情が雪崩れ込んでくる。ドキッとさせられる回。

 

・ウタカイ/森田季節
クラスメイトに「ラブレターを書いてほしいの!」と頼まれてしまう伊勢。
ラブレターを推敲して、鏡花先輩と話して・・・。日常より回。

 

・しあわせにしてほしい/大北紘子
六年つきあった男と別れた。さすがに泣いた。結婚すると思ってたから。仕事に努力しなかった。
自分にない魅力を持った、支社のチーフの女性と出会った。彼女に惹かれて、恋に落ちてしまった。
・・・結末も含めて、百合姫でよくあるタイプの作品とは一一線を画す大北先生の作風。

 

・百合男子/倉田嘘
百合オンリーイベント襲撃回。よく出したなこれ

コミック百合姫【2012/7】感想

コミック百合姫【2012/7】感想

f:id:Mfune:20160601213103j:plain

・表紙/なもり
「私、間違ってる…?みんなは、もっと間違ってるかもよ。」
キラキラしてすごいキレイな装填。しかし表紙の時点で既に切ない。5月号の表紙を観た後ならなおさら。

 

・魔少女/さかもと麻乃
「これは 私がその少女の 息の根を止めてしまった というお話」
恋愛経験のない女性教師。それが妖しい魅力を持つ、問題児の女子生徒に惹かれてしまう。彼女は施設育ちで、飲酒喫煙はもとより学校での女子との淫行など問題だらけだが、愛情が不足した彼女の危うい美しさに気づいてしまう。自身のお見合いを断り、彼女と同棲を決意する主人公。しかし、待っていた結末はあまりにも…
恋とは身勝手に奪うもの…与えてしまったがゆえにね。

 

犬神さんと猫山さん/くずしろ
杜松さん、牛若先輩初登場回。このころから十二支を意識してたのかな。キャラが増えて日常モノ寄りになったけど百合度は高いまま。いい。

 

・私の世界を構成する塵のような何か/天野しゅにんた
さっちゃん…彼氏に無茶苦茶怒られる上に浮気されてた…。留希、祥、れみあで集まって勉強会…のはずが、彼氏宅に携帯を忘れたさっちゃん、取りに戻ると浮気現場…。でも彼氏の「お前が悪いんだろ お前が良い彼女じゃないから」「もっと殴れよ怒ってんだろ? 殴らしてやるよ」の身勝手さが祥と対比されてる。留希にそのことと彼氏との過去を明かす祥。思いを告げるか迷う留希。留希を送り出す時「傷つきに行くの?」と言うれみあ。
この作品はやっぱ「象徴的に」要素を配置するのが抜群にうまい。「人を好きになるのを辞められる方法ないからな」という留希に「発見したら教えて」と返す笙子が、持っていた荷物を「あー重い 疲れたよ」と置くシーンとか。

 

ゆるゆり/なもり
かわいい。あやちとが尊い回。やっぱここまで絵が可愛いって凄いよな。

 

・ウタカイ/森田季節
甘い百合展開全開でありながらもバトルも熱く、能力バトル物特有のキャラクター紹介もいい。初戦、思考を奪うタイプの歌垣を使う【休庵】甘南備全休を速攻で破りベスト32戦に進む伊勢。鏡花先輩とむっちゃイチャイチャしつつ次の試合へ準備をすすめる。そしてベスト32戦。対戦相手は大人気バンド「からびんか」のヴォーカル、搦め手の破調の歌も使いこなす【迦陵頻伽】不死原永久音。勝利のカギになるのは…

 

・ふ〜ふ/源久也
猫を拾ってきた黃菜々。服のお腹に入れて「あなたの子よ!」と言う黃菜々と「見に覚えはあるけど!!」と返す寿美。うーん多幸感。日常モノ寄りだけどしっかり百合してます。

 

・百合男子/倉田嘘
あのさぁ…勢いがあって面白いのはいいんだけど、一ページ4分割して掲載とか…

コミック百合姫【2012/5】感想

コミック百合姫【2012/5】感想

f:id:Mfune:20160601202630j:plain

・表紙/なもり
「貴方の 中に、私は ちゃんと 居ますか?」
不穏。一気に不穏。表情の使い方が巧すぎる。この表紙はめくると、左側の子の横に絵が繋がってて一枚の絵になる仕組み。

 

森田季節インタビュー
貴重な知見が聞けるぞ。以下ちょっとだけ抜粋。
百合小説をご執筆されたきっかけは?
恋愛要素の入った小説を書く時に、女の子同士の関係性にしたほうが、書きたいことがストレートに表現できるぞということに、いつの頃からか気づきまして。
百合小説を書くときに気をつけていることは?
-自分の書きたいことを全部書くということですね
女性同士の関係性だからこそ、書ける感情とはどんなものですか?
-(中略)漠然と答えるなら「気高さ」ですね

 

犬神さんと猫山さん/くずしろ
猫山さんが犬神さんに急接近する回。かわいい。

 

・愛と仕事と金の話をしよう/大北紘子
大北先生特有のちょっと重い始まりをする百合。
「天涯孤独で無職です!」…彼氏からDVを受ける、割りと頭が軽い小松崎さんが、血だらけでマンションの管理人さんに救急車を呼んでもらう所から始まる。入院した小松崎さんの面倒をみる管理人さん。あくまで厳しく、入院代の借用書を用意してドライに話を進める管理人さんと脳天気な小松崎さん。しかし不安が残る彼女を放って置けず、病室に一泊するはめに。
他の百合漫画とは異色すぎるストーリーだけど、このあと2人が小松崎さんが受けるDVと恋愛観について話すシーンがエモい。小松崎さんの境遇への鋭い指摘は必見。漫画的な脳天気さが百合作品特有の重い女性観と相まってる。

 

・いじめっこ/すこやか
「このクロワッサンサンドをすこし恵んでやろう」暴君王子様系の先輩と、かまってもらえるだけで嬉しい片思い中の後輩。先輩もウブですねこれは。しかし「キスさせるなら許してやろう」から胸も揉みに行く姿勢はすき。

 

・ふ〜ふ/源久也
この漫画はやっぱり多幸感がある。方言もクソかわいい。おとなりのゆりっぷる、はやせと小麦がイチャイチャする回。前回の嘉菜々さんの事件を経て不安を感じる小麦と、「それぞれの『普通』なんかそれぞれの数だけ違うんやから…本人ら以外はええか悪いか決めたらあかんで?」と答えるはやせ。嘉菜々さんと白雪さん、普通に新さんと一緒に居ますが…


ゆるゆり/なもり
きぐるみパジャマ回二年生組+一年生組。ただただかわいい。あと娯楽部が無言で連鎖的な勘違いをするエピソード。

 

・ウタカイ/森田季節
百合姫の…というよりこれまで読んできた小説の中で最高傑作の一つ。無茶苦茶面白いしそもそも文章が読んでて素敵…って感じ。作品の概要を言うと「文学系空間操作バトル部活百合」。「歌会」という、短歌の言霊によってフィールド【歌垣】を形成して戦う競技。その名門校「歌聖高校」を舞台に、その高校生トップを主人公に描かれる純愛バトル百合小説。中学時代に全国大会で優勝した主人公【熱唱の火人】登尾伊勢が、決勝で戦った【幽玄の歌使い】朝良木鏡花先輩と交際をはじめ、飛び級入学して歌会を競い合う。
百合小説としてのポテンシャルの高さももとより、劇中の短歌のレベルの高さ、バトル物としての熱さ、面白さがすごすぎる。
第一話はいきなりバトルから始まり、2人の関係、そしてその2人の校内大会決勝。

 

・水深/井村瑛
いじめや浮いてる子を題材に扱った百合って結構あるけど、ここまで障害っぽく描いた作品ってあんまりないよね…
読んでる時の不安感と、最後の登場人物の爽やかさが対比的。

 

・私の世界を構成する塵のような何か/天野しゅにんた
あああああエモい……さっちゃんの表情……。道に迷ってはぐれてしまった祥と留希。探しに行く他のメンバー。ギクシャクしてしまう笙子と明日菜。自分の思いに気づいてしまう留希。さっちゃんの電話に彼氏から着信が来た瞬間奪い取ってしまう留希。そしてその瞬間留姫の思い切りほおを叩く祥…。自分でも何故そうしてしまったのかわからない2人。色々なことがあった合宿も終わり、そしてさっちゃんの彼氏があまりにも不穏すぎる登場をして終わる…

 

・百合男子/倉田嘘
「違った!!宮鳥はガチじゃない!!」…同級生に百合妄想を重ねまくる啓介(百合男子)のこの言いよう…しかし新たな確信を得た啓介は力強く(駅前で)師匠に即興SSを披露するのだった…